Buy Now

QuickFeather Alexa Close-Talk リファレンス デザイン

Buy From QuickLogic
-->

音声で起動できる Alexa 機能搭載のハンズフリー デバイス向けClose-Talk 対応スマート ヒアラブル リファレンス デザイン

このリファレンス デザインを使用して、Alexa のユーザー エクスペリエンスを評価し、PoC (概念実証) を構築できます。

これは、クイックロジックの超低消費電力 Arm® Cortex®- M4 マイクロコントローラーをベースに構築した、最初に提供する常時リスニング音声認識スマート ヒアラブル リファレンス デザインです。これを利用して、バッテリー駆動製品向けに最適化された 「Alexa」 Close-Talk 搭載デザインのユーザー エクスペリエンスを評価できます。

QORC (QuickLogic Open Reconfigurable Computing) イニシアチブ、 EOS™ S3 音声プロセッサ、およびオープンソース開発キットの QuickFeather を利用して構築されており、 質の高いユーザー エクスペリエンスと長時間のバッテリー駆動を実現します。EOS S3 には、Sensory 社の低消費電力サウンド検出 (LPSD) テクノロジーと DSP Concepts 社の TalkTo (ノイズ除去/ビームフォーミング機能) が搭載されています。

直感的な音声アシスト機能 Alexa のほかに、 SensiML 社の AI ソフトウェア プラットフォームで構築したモーションやサウンドなど、さまざまな人工知能 (AI) や機械学習 (ML) のユースケースをオプションで統合でき、これらはすべてクイックロジックの QuickFeather 開発キットでサポートされています。

このリファレンス デザインで評価した後、そのまま QuickFeather 開発キットを使用して製品開発を継続できますが、独自のハードウェアを設計することも可能です。

利点

  • 音声アシスタント製品向けの Amazon 社で認定された実証済み開発キット
  • 音声アシスタント機能 Alexa 搭載のヒアラブル/ウェアラブル製品を実現できる
  • 100% オープンソースの開発ツールを利用できる

アプリケーション

  • Cortex®-M4F MCU と eFPGA コア、そしてオンボードの EOS S3 音声プロセッサとさまざまなセンサーを組み合わせることで、新しいユースケースやユーザー エクスペリエンスを実現できます。
 機能
EOS S3 の音声プロセッサで実行される Alexa WWE (Wake Word Engine)
Sensory 社のハードウェアで最適化された低消費電力サウンド検出 (LPSD) テクノロジー
1 個または 2 個のマイクのユースケースをサポート (DSP Concepts 社の TalkTo モジュールによるノイズ除去およびビームフォーミング機能)
Wi-Fi 経由で AVS (Alexa Voice Service) へ接続
100% オープンソースのハードウェア開発キット 「QuickFeather」 と QORC オープンソース ソフトウェア ツールを使用して構築
 リファレンス デザインの内容
クイックロジックの QuickFeather 開発キット (EOS S3 低消費電力音声プロセッサを含む) - 100% オープンソースのハードウェア開発キットとソフトウェア ツールでサポート
WiFi 接続用の Espressif 社の ESP32-WROVER-E WiFi 開発キット
Alexa VoiceService から直接スピーカーに再生するための Adafruit 社の I2S オーディオ デコーダー
さまざまなマイク間隔をサポートするクイックロジックのマイクロフォン ドーターカード
すべてのコンポーネントを確実に接続するためのクイックロジックの頑丈な PCB クレードル
詳細は、 「development kits for AVS」 ページの 「Headphone / Headset Dev Kits」 セクションを参照してください。

リソース

button - scroll to top